袴レンタル

袴レンタルのメリットとデメリット

袴といえば、昔の女学生のスタイルというイメージが一般的であると思いますが、平安時代には、貴族女性が身に付けるものでもありました。
しかしながら、着物の上に穿く礼装スタイルという点では、現在に至るまで伝統が守られ続けていると言えましょう。式典で袴を着たい場合、安く済ませることができるというメリットからレンタルを利用するという方も多いです。レンタルショップは、インターネットで検索するといくつもヒットしますので、HPを見て好みの色やデザインの袴が揃っていそうな店を選ぶと良いでしょう。今は、若い女性好みの現代風のデザインの袴も数多くあります。ただし、レンタルには、種類が限られているというデメリットもあります。袴を購入する方の多くが、種類の豊富さと何度も着られるというメリットを感じているようです。一方購入のデメリットは、高額な費用であると言えましょう。
また、袴をレンタルしている店の多くは、振袖のレンタルも受け持っているので、卒業式に限らず、様々なイベントでレンタルを活用することができます。振袖は、親族や大切な友人の結婚式に着ていくと華やかで素敵です。コスト面を重視するのであれば、着物レンタルは賢い選択と言えるのではないでしょうか。

袴のレンタルでいい思い出になりました

大学の卒業式で袴をレンタルしました。わたしは宝塚ファンなので、タカラジェンヌが着るような緑色の袴を選びました。友達の宝塚ファンもやっぱり緑の袴を選んでいて、考えることは一緒だなぁと笑ってしまいました。
わたしたちは宝塚を見るだけで、タカラジェンヌとは似ても似つかぬ存在なんですが、卒業式の時だけでも気分を味わえたのは良かったです。正直なところ、袴レンタルしなくても、普通のスーツでいいんじゃないかなと思っていたんですが、「せっかくだから袴を着ておいた方がいい」と母にすすめられて、レンタルを利用することにしました。購入すると高くつくうえに、あまり着る機会がないので、レンタルで正解だったと思います。宝塚ファンの友達とタカラジェンヌになった気分で正門の前で写真を撮りました。いまとなっては良い思い出です。和服は着るのが大変なイメージがあったんですが、袴はズボンみたいに足が分かれているので動きやすいんですね。
おかげで卒業式の後の謝恩会にも袴のまま出席することができました。女子学生は袴だったり、ドレスだったりさまざまですが、袴を着ている人が多数派だったように思います。せっかくの機会なので、迷っている方には袴レンタルがオススメです。

袴のレンタルは何から何まで楽ですね

私は先日、無事に卒業式を終えた新社会人です。四年間という大学の在籍期間も、今考えると本当にあっという間でした。そんな楽しかった学生生活にピリオドを打ち、この四月からは新社会人として頑張っています。辛く大変なこともありますが、そんな時は卒業式の時を思い出して頑張っていますね。一応、みんな各々で頑張ろうと誓い合いましたので。
そんな卒業式ですが、実は私は袴をレンタルして終わらせました。両親は購入しようかと勧めてくれたのですが、家計が楽ではないことは理解していますし、特に今後も袴を着る予定は無いので丁重にお断りしました。そこで利用したのが袴のレンタルなのですが、これが本当に何から何まで楽なんですよ。
まずインターネットでめぼしい袴をピックアップします。色や柄が様々ありますので、これが本当に楽しいんですよね。そしてこれと決めた袴の予約状況を確認し、予約ができるようであれば申し込みをして完了です。あとは所定の金額を振り込んで、袴が届くのを待つだけです。私の場合、クレジットカードでの支払いができましたので、本当に通販感覚でレンタルすることができましたね。
こうして袴をレンタルしたわけですが、返却もクリーニング無しで返送して終わってしまいました。クリーニング不要のサービスは嬉しいですし、返送するだけで良いので本当に楽でしたよ。袴はレンタルがおすすめですね。本当にそう思いました。


京都で遊ぶときに着物をレンタルするのが流行っています。そんな京都着物レンタルは「とこ都古」がオススメですよ。リーズナブルなプランがあるので気軽に借りることができます。